土地の名義変更で必要な書類

相続登記(土地の名義変更)には、いろいろな書類が必要となります。

友人も自分で揃えるのは面倒だったので、司法書士にお願いして揃えてもらったようです。

ちなみに揃える書類は、
・被相続人の除籍謄本
・被相続人の住民票除票(本籍地必須)もしくは戸籍の附票、相続人の戸籍謄本、改製原戸籍等(出生/死亡まで全部)
・印鑑証明書
・住民票
・遺産分割協議書(法定相続の場合はいりません) ・委任状、相続する不動産(土地・建物)の固定資産税の評価証明書
また、登記費用も掛ります。

友人の場合は6万円ほど掛かったそうです。

そしてそれに司法書士の先生を雇ったのでその費用も加算され、全部でだいたい15万円ほど掛かったそうです。

この金額が安いか高いかは分かりません。

標準な価格が分からないので、どうこうは言えませんが「高っ!」と思ったのが正直な気持ちです。

登記費用の中には、所有権移転登記(相続)、相続関係説明図作成、事前調査費実費、登記事項証明書が含まれています。

また、雇う司法書士によっては結構、金額に差が出るという話も聞いた事があります。

どれにせよ、土地の名義変更には司法書士は必ず必要になるのは確実なようです。